『小児歯科』・・・できる限り早期のお口の健康管理が重要です!!

「子どもの虫歯は、はえかわるからほっておいても良い」と思って放置している人も少なくありません。
しかしそれは大きな間違いです。
乳歯の虫歯を放置すると、
①これからはえてくる永久歯を悪くします
②あごの発達を悪くします

また、3歳までにむし歯があるお子さんは永久歯に生え変わってもむし歯になる確率が高いことが分かっています。
そうであるならば、出来るだけ早期にお口の中の管理を行い、また、虫歯にならない生活習慣をお母様とともに学んでいただくことがとても重要だと考えています。

私たちは、北習志野地区のお子様が一生自分の歯で食べられるという健康で素晴らしい人生を後押しすることが使命と考えております。

1165_i1.png

 

虫歯になるメカニズムとは・・

①お口の中では、食事や飲み物を摂取して数分で虫歯菌の活動が活発になります。
虫歯菌の一番の養分が砂糖(糖分)です。

②虫歯菌が糖分から酸をつくり出し、プラーク(歯垢)が酸性になります。
このとき歯の表面を溶かしカルシウムやリン酸が奪われます。このことを脱灰といいます。しばらくするとだ液の働きにより酸が中和され、カルシウムやリン酸が歯の表面に再び戻ってきます。これを再石灰化といいます。

1165_i2.png

③お口の中では飲食のたびに、これが繰り返されるのですが、糖分を取り過ぎると、脱灰時間が長くなり、再石灰化が追いつかなくてくなり結果、虫歯へと進行してゆきます。

 

お子様の予防はどうすればよいか??

 

【プラークコントロールで虫歯菌を無くします。】

虫歯菌を減らすには、ブラッシングが最も一般的な方法です。
『食べた回数とブラッシングの回数を必ず一致させる』ことがとても重要になってきます。
とはいえ、お子様のブラッシングにはお子様・お母様ともに負担が掛かります。
当院ではなるべく負担の掛からない方法をじっくりとお母様に学んで頂き、かつ定期的なメンテナンスで院内でも管理をして参ります。

 

1165_i3.png

 

【糖分のコントロールで虫歯菌の繁殖を抑制します。】

糖分を上手にコントロールすることで、虫歯の養分を少なくし,虫歯菌の繁殖を防ぐことが出来ます。
当院ではお子様・お母様に間食などの生活習慣改善のお手伝いを行います。

 

【フッ素塗布で歯を強くします。】

虫歯になる原因に対して、フッ素塗布の以下のような働きが、「歯」と「お口の中の細菌」に作用し、虫歯になりにくくする効果があるとされています。
1. 唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
2. 歯の質を強化し、酸から歯を溶けにくくする
3. 酸の生成を抑える

3才児歯科健康検査の虫歯の状況をみると、1才6か月から半年に1回の間隔で定期的にフッ素塗布を続けた幼児は、新しく出来た虫歯の数が、フッ素を塗布しなかった幼児と比べて46%の減少を示しています。

また、10か月児から年6回のフッ素塗布を受けた幼児では、虫歯のない子供が2.5倍に増えたという報告もされています。

フッ素を効果的に活用するために3ケ月に1回は当院でメンテナンスを行いましょう!

 

1165_i4.png